改造自由のアクアリウムを趣味として始めよう

男性に人気

群体行動をする魚

アクアリウムはお金をかけようと思えばどこまでもかけることができますが、逆にお金も手間もかけずにしようと思えば簡単に出来る趣味でもあります。アクアリウムといわれれば水槽にポンプに高い魚に餌に手入れにと様々なお金がかかりそうな印象がありますが、実は市販のビン1つと水草が少量あれば、いくらでも魚を育てることができるのです。
1匹だけでも豪華で見栄えがする上に、素人でも飼いやすい魚の種類はたくさんありますし、中にはエビなどを飼うことも可能となっているのです。アクアリウムは水槽自体を1つの作品に見立て、ただ飼育するだけでなく芸術品や装飾品として楽しむことが目的の趣味となっています。ですから、大きな水槽があれば見栄えがしますし、様々な工夫も可能となっていますから大きな水槽を持っていた方が幅は広がります。
しかし、小さな魚であればビンやコーヒーメーカーのような特殊な形のガラスケースのみで十分に楽しんで頂けるのです。
日本で一番馴染みぶかいペット用の魚というと、メダカがおります。海外からきたメダカは非常に強くできており、初心者がアクアリウムを始めるにはもってこいの品種となっています。餌も犬やネコのような頻度で必要ではありませんし、散歩も必要ありませんから忙しい人でも始められます。
水の入れ替えや水草も最近ではアクアリウム専門店が登場していることと、ネットショップから購入することもできるようになっているために、購入が面倒、道具が揃えられないというような問題も発生しません。