改造自由のアクアリウムを趣味として始めよう

長く楽しめる

水槽の中の熱帯魚

始めはシンプルに

アクアリウムを長く続けていくコツは、何と言っても、徐々にゆっくりと水槽をバージョンアップさせていくということ。
いろんなお店に行くと、大きな水槽の中にお城のようなオブジェがあり、森のような水草の群れを配置して幻想的な風景を演出し、魚たちが泳ぐ姿を眺めていると異世界へ行けるような気がする、そんな素晴らしいアクアリウムを見ることが出来たりします。
「こういうの、俺もやりたい」と思って、頑張って同じようなアクアリウムを家に作ったはいいものの、そのあとで待っているのはその素晴らしいアクアリウムを維持するための作業。
それよりは、最初は石ひとつ、水草ひとつかみを配置したシンプルな水槽で楽しみ、そこから徐々に発展させていくという方が、メンテナンスをしながら同時に改良もしていけるということで、楽しみが増すのです。

自分でメンテナンス

アクアリウムの業者に依頼するというのも手ですが、簡単なメンテナンスなら、自分でやってしまったほうが手っ取り早いということもあります。
水槽の水換えや、魚の餌やり。水草は放っておくとどんどん伸びて繁りますから、これを定期的に剪定するという作業も必要です。
あるいは、見て楽しむアクアリウムでは、コケ取りの作業も欠かせません。水槽にコケがくっついて見苦しくなってしまっては、楽しみが半減します。
ところで、コケ取りに関しては、コケを食べるという性質を持っているエビや魚も一緒に入れると、頻繁にコケ取りをしなくて済むようになります。
そんな魚やエビの中には、単にコケ取りという仕事をしてくれるだけでなく、見た目が美しいというものもいます。要チェックです。